これが私の日常です


by planetgirl
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

本場の味

Me encantan Tacos!

メキシコと言えば、タコスでしょ!

アメリカでもメキシコ料理はどこでも手に入るけど、メキシコで食べるタコスは味が全然違う。種類も豊富だし、毎日食べても飽きないくらい美味しい。
e0138611_18181317.jpg

ティファナには至る所にタコス屋台がある。
タコス1枚は1ドルくらい。小腹がすいた時に、飲んだ後に(日本のラーメン感覚)、2〜3枚食べるのがメキシコ流。
メキシコ人は面白くて、食事の時間が決まっていない。
お腹がすいたら食べる。これがメキシコ。
だから変な時間にレストランが満席だったりする。
e0138611_1828298.jpg
柔らかいトルティーヤ(トウモロコシの粉から作った生地)の中に野菜と魚(カジキ)が入ってるタコス。
e0138611_18195293.jpg
これはタコスじゃなくてセビーチェ。
固いトルティーヤの上にライムで漬けた生エビと野菜がのっている。
これにアボカドをのせて、チリをかけて食べます。
ティファナは新鮮な魚介類が安く手に入るので、セビーチェも本当に美味しい。

Que Bueno!!
[PR]
# by planetgirl | 2008-06-02 18:23 | 旅行

Tijuana, Mexico

Buenos Dias! Que tal?
スペイン語はむずかしやー。
一生懸命周りの会話を聞いているけど、なかなか覚えられない。

今メキシコにいます。
e0138611_17453164.jpg

アメリカとの国境の街、Tijuana(ティワナ、ティファナ)です。
気候はテネシーよりも湿気が低く、涼しくて、とても快適。

アメリカにこんなに近いのに、国境を渡った瞬間に空気がガラリと変わって面白い。
家の窓を開けると、お母さんが子供を叱っている声、車のクラクション、ラテン音楽、色んな音が聞こえる。近所の人は皆顔見知りで、お互い助け合うのが基本。昔の日本もこんな感じだったのかな(ラテン音楽は無かっただろうけど!)。
e0138611_17532967.jpg

[PR]
# by planetgirl | 2008-06-02 17:54 | 旅行

歌姫〜続編

以前このブログで紹介した15歳のフィリピン人歌姫、シャリス・ペンペンコ。ELLENに出演した後は、なんとOPRAHにも出演し、観客&Oprahからスタンディングオベーションを受けてました。人気TV番組で紹介されたこともあり、今やシャリスはアメリカで大人気。あんな小さな身体からパワフルな歌声が出るなんて信じられません。もう私は完全にシャリスの大ファン。Youtubeで常に最新動画をチェックしてるオタクです。

最近のシャリス動画をまたまた紹介しちゃいます。

この前、ラスベガスのMandalay(MGM だったかも?)で行われたDavid Fosterのパーティーでシャリスが歌っているもの。David Fosterと言えば敏腕プロデューサー&作曲家で、Whitney Houston "I have nothing" を作曲した大御所。そのDavid FosterがOprahからシャリスを紹介され、シャリスの歌唱力に感動し、ぜひパーティーで歌ってほしいと頼んだらしい。そのくらいシャリスの歌声はすごい。

ラスベガス・パート1Whitney Houstonの"I have nothing"と"I will always love you"。
ラスベガス・パート2Jennifer Hudsonの"And please don't tell me"。

ついでに、Celine Dionの "Alone"をカラオケで歌ってる動画。ここ
この曲大好きなんだよ〜。

シャリスを見ていると、アジア人であることを誇りに思えます。
[PR]
# by planetgirl | 2008-05-28 06:54 | ひとり言

Memorial Dayにちなんで

ナシュビルではバンパーにこの↓シールを貼ってる車をよく見る。
e0138611_1519532.jpg
Support Our Troops
「海外に派兵されてる軍隊を応援しよう」ってメッセージのリボン。

このメッセージリボン、有名なのはエイズに関する意識を高める赤リボン、乳癌撲滅のピンクリボンなど、リボンの色によって色んなメッセージが込められているんだけど、発祥はこの黄色リボン。南北戦争の時、騎兵隊は腰に黄色い布を付けていて、戦地に派兵される前に、家族や愛する人に黄色い布を渡したのが始まりらしい。それ以来、残された家族や恋人が、戦地に派遣されている兵隊の安全な帰還を願って黄色い布やリボンを飾るようになったんだとか。
最初に黄色リボンのシールを見た時は、「エイズリボンの真似?」と思ったけど、実はエイズリボンのほうが真似してたって訳。

ナシュビル周辺には家族や親戚がイラクに派兵されている人が多いけど、それ以外の人も、戦地にいるアメリカ兵を応援する意味でシールを貼ってたりする。
政治的にはテネシーは熱心なキリスト教徒の多い保守派Republicanの州だけど、だからと言って、皆がイラク戦争に賛成しているかって言うと、それは違う(ちょっとエキストリームな書き方でスミマセン)。ここの人と話していると、Republicanでも今のブッシュ政権に不満を抱えていて、なにより戦争は絶対に反対って人が多い。

この黄色リボンは戦地にいる家族を無事に返して欲しい、っていう切実な願いを表している物。(時々、黄色リボンシールの下に「NO MERCY TO ENEMY」(敵には容赦するな)、なんて過激なシールを貼ってる恐ろしい人もいますが・・)

どの時代でも、どの国でも、やっぱり戦争は嫌なもの。
[PR]
# by planetgirl | 2008-05-25 15:26 | アメリカ

タイムズスクエア

タイムズスクエアはテレビや写真で頻繁に目にする場所だから、7年ぶりって気がしない。
e0138611_13431489.jpg
やっぱりミニは都会が似合う!
e0138611_13422197.jpg

[PR]
# by planetgirl | 2008-05-22 13:44 | アメリカ