これが私の日常です


by planetgirl
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

GREENを着る

e0138611_14395989.jpg

今日はアースデイ。
環境保護を考えて地球を守ろうって日。ゴア元副大統領の温暖化の危険を呼びかける活動が評価されてノーベル平和賞を受賞してから、アメリカでは環境保護に対する関心が更に高まっている感じがする。
主要ニュース番組からセレブゴシップ番組まで、今週は環境問題をメインに取り上げていて、色んな観点からの「エコ」が見れて楽しい。

私は・・と言うと、特に環境保護活動をしている訳じゃないけれど、環境問題にはそれなりに関心がある方だと思う。自然に溢れていた南アフリカからコンクリート・ジャングル東京に帰ってきて、体調が突然悪化したのを期に、環境、つまりグリーンが身体と精神に与える影響を意識し始めた。環境を保護することで、自分の健康をも保護することが出来るんじゃないかって。って環境を守れば地球を守る訳で、そうすると結果的に私達も守られるって当たり前のことを自分なりに実感しただけの事なんだけど。

まあそんな感じでグリーンな日なんですよ、ここアメリカは。

ちょっと面白いなって思ったのは、エコに対する関心が高まっている証拠なのか、アメリカではやたらと「エコ・ファッション」って言葉を耳にする。エコ・ファッションとはオーガニックの繊維、リサイクル品、ケミカルフリーの天然染液を使って作られた衣類のことを指しているんだけど(それを着て環境保護に関心を持とうってこと)、このエコ・ファッションをセレブが着ちゃったりして、アメリカではちょっとしたトレンドになっている。そこでいくつか人気ブランドを紹介。

American Apparel
若者に大人気のこのブランドもオーガニックコットンTシャツを販売してます。ちょっとクタ〜っとした感じで、セレブっぽくてカッコイイんだとか。
そんなの知らずに、単に肌触りが好きなので買ってたよ・・。

Panda Snack
名前の通り「パンダのおやつ」、つまり竹。竹の繊維を使ってるみたい。
Tシャツも手洗いしなきゃいけなので、ちょっと手間がかかるかも。

Gypsy 05
ここの服も竹の繊維や天然染材を使ってるみたい。
セレブ愛用!!ってのを思いっきり前に出してる・・。お値段もセレブ。

これ以外にもエコ・ファッションブランドは急増中で、私の大好きなスーパーTargetでも「Think Green」とか「Protect our planet」なんて書いてあるオーガニックコットンのTシャツが$9〜$15くらいで売ってる。

天然素材の服は何枚か持っているし、頼りない素材感とか肌触りが好きだから、これからも買うと思うけれど、このエコ・ファッションの人気には危険が潜んでると思う。

例えばTargetでエコのTシャツを買ったとしても、そのTシャツはプラスチック製のハンガーにかかって販売されているし、レジではビニール袋に入れられる。これって本当にエコ?
それにほとんどのオーガニックコットンってインドとかの途上国で採られていると思うんだけど、その綿を採っている人達の労働環境は?賃金は?一昔前に問題になったNikeやGAPとそう変わらないんじゃないかと思う。
もっと言うと、途上国で作られた洋服は、販売される国までエコな方法で運ばれているの?

そこまで考えると、製造、流通、販売、どれを見ても倫理的にも環境保護に反してるんじゃないかな。「エコ」をファッションやブランドPRなどの表面部分だけじゃなくて、生産時点から根付かせることが大事だと思う。

何よりも危ないのが、「エコ・ファッション」が、環境問題への関心を高めるっていう本来の目的を失って、単なる「ファッション」になりつつあるってこと。エコをうたっているブランド服を着ることによって、「自分は高学歴で環境問題に関心がある」っていう立派なステータスを得られると勘違いしている人が多い。
e0138611_14434396.jpg

大事なのはPanda Snackの服を着ることじゃなくて、Panda Snackの服を買うことによって、環境問題への関心を高めること。

どんな形であれ、環境問題への関心を持つきっかけになるって言う意味では、エコ・ファッションは素晴らしいと思う。

だけど、ハイブリッドカーを買えば・・オーガニック素材の服を買えば・・って全てが「買う」から入ってる気がする。何かを買う前に今の状態で自分ができること、洗濯に使う水の量を減らすとか、エアコンを付けている時間を減らすとか、そこから環境保護に取り組む事が一番重要なんだろうな。
[PR]
by planetgirl | 2008-04-22 23:37 | ひとり言

Chinese Power

アメリカで絶対に食べたかった物。
e0138611_72344100.jpg
テイクアウトの安い中華!

メイン1品にスープと春巻(なぜかアメリカ人に大人気)で、$7くらいで食べられる。当たり外れはあるけど、このアメリカちっくな中華の味が好きだったりする。
毎日食べられるかって言うと無理だけど、時々食べるとやたら美味しく懐かしい味がします。
[PR]
by planetgirl | 2008-04-22 07:26 | アメリカ

I♡SHOES

日課になってるふ〜らふらドライブをしていたら、Murfreesboroにこんなワンダホーなお店を発見。
という事で、二日連続で買い物情報。
e0138611_4212971.jpg
Marti & Liz Shoes
810 NW Broad St, Murfreesboro
(Cool Springsにもお店があるらしい)

名前の通り靴のお店ですが、売ってる靴が半端なく安い!
Bebe、BCBG、Nine West、ENZOなどのブランドが$30以下で買えちゃいます。
e0138611_4253416.jpg


店内はこんな感じで倉庫っぽい。
全て1足限りなので、いい靴を探すのが大変かも。
Hoochie系(パーティードレスに合いそうな細いヒール系)が多い。
店内はクリスチャンミュージックがかかってるので、耳障り。
靴以外にも洋服とバッグを売っていたけど、デザインはいまいち。
e0138611_4303639.jpg
Marshallsで買ったジーパンと、Marti&Lizで買ったUS$24のENZOパンプス。
他にも無名の黒いサンダルをUS$18でゲット。

でもアメリカだからこそ高いヒール履けるけど(車社会だから)、東京だと歩くの疲れるんだよね。日本用にフラットの靴も買わないとな。ebayで探すぞ!
[PR]
by planetgirl | 2008-04-19 04:38 | アメリカ

I♡DISCOUNT

テネシーに来て2週間。
洋服はアメリカで買うことを想定していたので、日本から持って来たのはジーパン1枚、スウェット1枚、Tシャツ&長袖シャツ2枚ずつ、以上。
東京じゃあり得ないけど、テネシー生活はこれで十分。スーパーだってショッピングモールだってTシャツ、スウェット、ビーサンで全く問題ありません。昨日はズボンを洗濯してたので、パジャマのズボンでスーパーに行っちゃったよ(笑)

ショッピングは東京が世界一!って言われているけど、私はアメリカでのショッピングが一番好き。好きなブランドが安く売ってるし、サイズが豊富!(痩せろって話だけど)残念ながらナシュビルにはBloomingdale'sとかSaks Fifthみたいなデパートはないけれど、Jcrew、Banana Republic、Abercrombie&Fitchは数店舗あるし、Whole FoodsがあるショッピングセンターにはAnthropologieも入ってるので十分満足。

だけど何が一番嬉しいかって、私が一番好きなお店が近くにあること。
洋服から台所用品まで何でも売っていて、すごくお洒落に言うと「何でもセレクトショップ」って感じかな。売ってる物すべてが「欲しい!」と思うような物じゃないんだけど、中には宝が埋まってます。バッグはCoach、Nine West、Furla、Tommy H、Kenneth Cole、Betsy Johnsonがアウトレットよりも安く販売されてたり、アバクロやホリスターの洋服も激安。シカゴにいる時はいつもここでアディダスやナイキのスポーツウェアを買ってました。

1.Marshalls
私の住んでるSmyrnaには無いのでここで一番近い。
490 N Thompson Ln, Murfreesboro.

2.TJ Maxx
1980 Old Fort Pkwy, Murfreesboro.

MarshallsとTJ Maxxはほとんど同じだけど、置いてある商品や値段が若干違います。
MurfreesboroはTJ Maxxの方が整理整頓されてる感じ。

最近の戦利品。
1. Marc JacobsのBlush(香水、50mL)US$10
2. アディダスのスポーツウェア(ズボン)US$12
3. スケッチャーズのランニング用運動靴 US$24
4. セブンジーンズ US$22(これは凄い。日本じゃ1万円するよー)

去年ヨハネスで8,000円くらいで買ったNine Westの靴がMarshallsで$22で売っていてショックを受けた・・。あとル・クルーゼのお鍋(#28)が$79で売ってたよ。半額以下だね、安い!
[PR]
by planetgirl | 2008-04-18 03:11 | アメリカ

ナンプラーに甜麺醤

アメリカは便利だ!って前にも書いたけれど、一番助かってるのが食料品。
南アは日本人が少なかったから、当然日本食材も手に入りにくかったけど、アメリカは全く反対。とにかく日本人が多いから、そんなに遠くに行かなくても日本食材が手に入る。
テネシーなんて日本人が少なそうだけど、ナシュビルには日産アメリカの本社&工場があって、日産+日産関連企業の駐在員がかなり住んでいるみたい。駐在員や留学生を合わせると、テネシーには3,000人くらい日本人が居るらしい。すごい。
日本食レストランも日本食材を売っているスーパーもたくさんあって、本当に助かります。

今日もふらふらナシュビル周辺をドライブしてたら、輸入食材を売っているスーパー、K&S World Marketを発見。メキシコ、タイ、中国、韓国、日本、色んな国の野菜、果物、調味料が揃っててお店の中を歩いてるだけで面白い。ああ、これでやっと中華が作れる!野菜と調味料を大量に買い込んで、たったの$25だった。という訳で、今夜はルーから作るタイカレー、レモングラスたっぷり♪

近所の普通のスーパー、KrogerとかPublixにもよく行くけれど、なぜか野菜と果物の種類が少ない。缶詰とか冷凍食品はこれでもかー!ってくらい充実してるんだけど、肝心の野菜が・・。これがテネシアンの食生活なのね、と納得。だってスーパーに行くと、カート一杯に冷凍食品を詰め込んでる人ばっかり。そりゃ太るよ。

ちょっと面倒だけど、新鮮な野菜や果物を買いたい時は、ナシュビルの高級住宅街Green HillsにあるWhole Foods Marketへ行ってます。ちょっと高いけど、野菜も肉も魚も美味しい。オーガニック食品がメインだから何となく安心だし、隣接してるカフェの食事も美味しくてヘビーユーズしてます。e0138611_711857.jpg

ここの野菜チップスがお気に入り。
大量に入ってて400円。
まだ食べきれてません。
e0138611_7132076.jpg

オーガニックの洗剤。
いい匂いがして好き。
環境にもお肌にも優しいのだ!
[PR]
by planetgirl | 2008-04-15 07:19 | アメリカ

オズの魔法使いですか。

テネシー州は昨夜から嵐&竜巻注意報が出ています。
たつまき・・!テレビでも画面の右下に常に竜巻の状況が出てます。
こういうのを見ると、テネシーに居るって実感が沸きます。
あと1時間くらいでナシュビルに到達するらしい・・んだけど、この家って地下室ないんだよね。どこに逃げればいいんだろ。うーむ。とりあえず浴槽?

テネシーに来て1週間が経つんだけど、アメリカって本当に便利だなって思う。
お店は夜9時まで空いている所が多いし、スーパーや量販店に関しては24時間営業の所もたくさんある。皆とにかく車から降りたくないらしく、やったらドライブスルーが多いのも面白い。うちから一番近いスタバにもドライブスルー付き。出勤前&仕事後の時間はドライブスルーに車の行列。お店の中に入って買った方が早いんじゃ・・と思うんだけど、以外にドライブスルーの方が早かったりする。

あと、南部だからなのか、NYやロスみたいな大都市じゃないからなのか分からないけれど、ここの人はやったら優しくて陽気。ものすごいフレンドリー。買い物をしていて無愛想な店員に当たった事が無い・・。これってすごいよね。
テネシーは熱心なキリスト教徒が多いので、やたら「God Bless!!」と言われるのも面白い。家に帰ってきて、相方に「いや〜今日は3回も神の思し召しを受けちゃったよ」って報告するのが日課です(笑)。

おお、強風で窓がピシピシ鳴ってます。
テレビでは分刻みで竜巻の進行状況を伝えてます。
今日の買い物は竜巻が過ぎてからにしよう。
[PR]
by planetgirl | 2008-04-12 01:49 | アメリカ

スーパーサイズミー

アメリカに来てまず思ったこと。


こんなに大きかったっけ?!


そう、アメリカって全てが大きかった。
まず目についたのは人。南ア人なんか比じゃないデカさ。
車。モンスターカーですか?ってくらい大きい改造アメ車。
食べ物。飲み物が片手で持てないサイズなんですけど。
e0138611_12131820.jpg

左がアメリカの歯ブラシ。
右が日本から持って来た歯ブラシ。
大きくて良く磨けない。
家はナシュビル郊外なので、周りはファミレスとファーストフード店の嵐。
懐かしくて到着した初日に早速 Taco Bellを食べ、翌日のランチには Arby'sと立て続けにファーストフードに食らいついた・・んだけど、アメリカのファーストフードって「水」を売ってないのー?!知らなかった・・。
水を頼むと、「水道水しか無いわよ」って言われる。飲み物は全てソーダ系。こりゃ太るの当たり前だよ。幸いここテネシーは南部なので、どこへ行ってもアイスティーがある。普通の甘いアイスティーと砂糖が入っていないUnsweetenedアイスティー。ファーストフードでは無糖アイスティー、決定です。
ちなみに、二日連続でファーストフードを食べた結果、めっちゃくちゃ気分が悪くなったので、それ以来一度も食べてません。

その他のレストランって言えば、ここら辺にあるのはファミレス。
Logan's、Ruby Tuesday、Chili's、Red Robsterなどなど。他にも南部系のファミレスがたくさん。最初の数日間は調味料が無かったので、ほとんど外食。Ruby TuesdayとOlive Gardenを制覇しました。
Olive Gardenで頼んだパスタがこれ↓
e0138611_12552144.jpg
直径25m。大きすぎ。しかもこれにバケツ並のサラダが付いてきます。
この私が半分も食べられなかった奇跡のパスタ。

もう調味料が揃ってなくてもいい!自炊しなきゃ死ぬ。
e0138611_12593545.jpg
自炊初日の献立。とにかく野菜が食べたくて、野菜づくしにした。これにお味噌汁とご飯をつけて、お腹がホッ。そんな訳で、毎日自炊してます。外食は1週間に1度。
炊飯器がないのでお鍋を使っているんだけど、お鍋って炊飯器より美味しいご飯が炊けるかも。
[PR]
by planetgirl | 2008-04-11 13:09 | アメリカ

サザン・ベルになる?

アメリカは何処にいるかって言うと、ニューヨーク!とかロス!とか言いたいところなんですが、
ここ↓におります。
e0138611_7444712.gif
TENNESSEE(スペルあってるか?)

テネシー州。
位置的には北よりなんだけど、南北戦争では南軍だったこともある立派な南部。
南部っていうと、まず頭に浮かぶのが「発音」。あの独特の南部発音をマスターできるのか。
アイスティー、ナマズのフライ、ソールフード、ケイジャンチキン・・南部で連想するのって食べ物ばっかりなんですけど。いつもの事ですが。

アメリカに来るのは本当に久しぶり。
7年間シカゴに住んでいて、日本に帰って来たのが10年前。それから3回アメリカに旅行で行ったけど、それでもアメリカは7年ぶり。9.11、イラク戦争、サブプライムローン問題など、この7年間でアメリカには大きな変化があったと思う。最近揺らいでる世界の経済大国アメリカを見てみたいと思ったし、もう一度アメリカで生活することによって、10年前学生としてアメリカに住んでいた時には理解できなかったことが見えてくるはず。

南アフリカで生活してから、どちらかと言うとヨーロッパ的「アメリカ人=自己中で無知」マインドセットが自分の中で根付いた気がする・・。失礼な言い方だけど、アメリカを嫌うって行為は欧州諸国では一種のトレンドになっているのも事実で、南アフリカにも意味も無くアメリカを嫌う人が多かった。これに加えて、南ア英語(イギリス英語より)に慣れてしまった私は、日本に帰って来て至る所で聞こえるアメリカ英語が耳障りになってた。こんなに影響されてしまった自分に我ながら呆れつつ、この状態でアメリカに行くのって面白いかも、って思ったのも事実(もちろんショッピングっていう不純な動機もあるけど)。

カントリーミュージックとエルビス以外あまり見所がなさそうなテネシー州だけど、3ヶ月アメリカで生活できるなんてラッキー。短い間だけど、みっちりアメリカ南部を満喫したいと思ってます。

ちなみに、タイトルの「サザン・ベル」とは南部のレディーを表す言葉。美して上品で、南北戦争前の上流階級のお嬢さんって感じ。南部ガール達の目標でもあります。
[PR]
by planetgirl | 2008-04-11 11:04 | アメリカ

フィニッシュ!

某外資系化粧品メーカーで働き始めて8ヶ月・・・


仕事辞めちゃいました〜!!


はっははは!
早すぎて自分でも笑える!
いや〜、最低でも1年はもつと思っていたんだけど、駄目でした。

でも8ヶ月でも長かった方。というのも、働き始めて1ヶ月ですでに辞めたくなってたので、これでも残りの7ヶ月を精一杯我慢して働いたつもり・・なんです(笑)。

何がそんなに嫌だったかって言うと、書き始めたらキリがないんだけど、一番大きな理由は、この会社で働くことが時間の無駄だと思ったから。時間の無駄・・いや〜キツい響き。だけど本当。

こんなに整理整頓が出来ていない人達の集団って始めて見ました。
書類から管理してるデータから、もうめちゃくちゃ。転職してきた人達は皆唖然。空いている時間にデータを整理しても、翌日には誰かに元に戻されてる。なんじゃこれ。

その上、人間関係最悪。
小さい会社なのに、上の人達が全員お互いを蹴落とそうとしている状況。
昼ドラ並にドロドロしてました。女ばっかりの職場って本当に怖いと思った。
新しい人が来ると、徹底して無視して協力しない。これって完全なイジメ・・だよね?幸い私は争いには巻き込まれなかったけど、とばっちりはしょっちゅう受けました。会社の売上を伸ばすって目的は皆一緒なのに、なんでお互いに協力できないのかねー、いい大人が。
仕事は仕事って割り切るのってそんなに難しいこと?

これ以上この会社にいると、仕事の能力にも人間性にも支障がでるので辞めました。

とまあ愚痴っちゃいましたけど、全てが悪だったわけじゃなくて、会社では良い出会いもありました・・
皆同時期に辞めたけど(笑)。
私が東京に住んでいたのって大学の4年間だけだから、都内の美味しいお店とか全然知らないんだけど、会社の友達が色んな所に連れてってくれて行動範囲が広がりました。さんきゅー姉さん☆ 

そんなわけで、仕事を辞めて、先週からアメリカに来ています。
[PR]
by planetgirl | 2008-04-10 08:05 | 仕事