これが私の日常です


by planetgirl
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:旅行( 22 )

北海道:知床→摩周湖

網走から知床へ向う道中は海岸沿いに延々と広がる流氷が見れて最高でした。
e0138611_21512167.jpg
網走では、海岸→海→流氷って感じだったけど、知床に近付くと、海岸→流氷で海が全く見えない。岸からガシガシと氷の上を歩けちゃう感じ。知床では流氷の上を歩いたり、流氷から海に入ったり(ウェットスーツ着て)出来るんだけど、残念ながら今回は時間がなかったので見送り。

翌日は知床から摩周湖へのドライブ。
せっかくの景色を楽しみたいのに、バスガイドさんがノンストップで話し続けて、全然景色に集中できない。日本のツアーでこんな物なの??余計な情報まで延々と話し続けるので、途中で「やめて〜!!」って叫びそうになりました・・。少しくらい静かにしてくれたらいいのにー(涙)

んで到着した摩周湖。
e0138611_21563314.jpg
霧のない摩周湖。氷が張っていて、なんだか神秘的。氷が張ることは珍しいんだとか。
e0138611_21574735.jpg


硫黄山では煙でスチームした ゆで卵を食べた。なかなか美味でした♪
[PR]
by planetgirl | 2008-03-31 21:59 | 旅行

北海道:網走刑務所

網走と言えば・・
e0138611_18255766.jpg
網走刑務所ですね。私の世代にはピンとこないかもしれないけれど、「網走監獄」と言えば凶悪犯と政治犯が収容されているキビシ〜労働を強いられた刑務所として恐れられていた所。
1984年に新しくコンクリート建ての刑務所に変わり、それまでの木造建ての舎房は「網走監獄博物館」として網走市内の別の場所に移っています。
e0138611_18352049.jpg
これが1984年まで使われていたなんて驚き。3月なのにすきま風が入って寒い。
e0138611_18401443.jpg


主な労働は道路の突貫工事。また未開拓だった場所に道路を作り、北海道の開拓に貢献したといわれています。非常に過酷な労働条件のもと、多くの収容者が命を落とし、後に道路沿いの畑から白骨化した遺体が何体も出てきたらしい。

今や刑務所としては使われていない網走監獄博物館だけど、舎房の中を歩いていると、時々背筋の凍る体験をします・・・。

だってさ、ふと顔をあげると、
e0138611_18473188.jpg

看守が!
e0138611_18485563.jpg

独房の中に受刑者が!!
もちろん人形なんだけど、至る所に超リアルな人形がいて、マジ怖いです。あんまり人気の無い所に突然表れるので、その度に心臓が飛んでました。
[PR]
by planetgirl | 2008-03-31 18:53 | 旅行

北海道:流氷

ニセコに始まり、3月は北海道フィーバー中でして、ニセコから帰って来たばかりだってのに、また北海道に行っちゃいました。今回は流氷を見に。
一般的に流氷は1月から3月の間に表れるけど、見られるかどうかってのは「運」らしい。その年の気温や潮の流れなどによって流氷が表れる場所や大きさが左右されるんだとか。
3月だとピークを過ぎているので、流氷が見られる確率は低いんだけど、その可能性にかけて行って参りました。

羽田から1時間程で女満別空港に到着。
ここ数日暖かかったので、雪もかなり溶けていたので、流氷が見られないんじゃないかと不安・・。
バスに乗り込み30分程で網走市内に到着。
オホーツク流氷館にて流氷のしくみを学ぶ。シベリアのアムール川から真水が大量にオホーツク海に流れ込むので、オホーツク海は塩分が他の海と比べると若干薄いらしい。海面に塩分の薄い水の層ができて、冬になると凍って流氷になるんだとか。
e0138611_1655093.jpg

その後は流氷館で昼食。
美味しいカニ雑炊
昼食後は、今回の旅の目的でもある流氷を見に網走港へ。午前中は雨と霧で何も見えなかったけれど、午後からは雨が止み、沖をよーく見ると遠くに白っぽい物を確認!

流氷船「おーろら号」に乗り込み、いざ出発。
10分ほど進むと、前方に流氷出現。
e0138611_1615493.jpg
「揺れるので手すりにつかまって下さい」とのアナウンスが流れ、ついに船が流氷にドッキング!
ガーン!と結構大きな衝撃があり、船が左右に揺れ、流氷がバリバリと割れていく。流氷は海面が凍ってるだけだから、氷の厚さも薄いのかと思いきや、ぜーんぜん!めちゃくちゃ分厚い。これをバリバリと割って進む「おーろら号」はスゴイ。
e0138611_16195087.jpg
この通り、氷が分厚い。水が透き通っているのでキレイ。
e0138611_16212382.jpg
一面氷。すごい。茶色の部分は氷の裏に付着しているプランクトン。
e0138611_16222631.jpg
船は常に流氷の端を進んでました。たぶん流氷の奥に入っちゃうと、何か問題が起きた時に抜け出せなくなるから??

1時間ほどバリバリと流氷の中を突き進み、たっぷり流氷体験を満喫できました。
流氷は今日見ることが出来ても、明日は見られるか分からないくらい移動が激しいようなので、今回はとってもラッキー♪ 本当は青空の下で流氷を見たかったけど、この可能性はとっても低く、年に1回見れたらラッキーなんだとか。
[PR]
by planetgirl | 2008-03-31 16:27 | 旅行

ニセコ:2、3日目

初日は雪が降っていて、あまり天気が良くなかったニセコだけど、
2日目と3日目は真っ青な青空に恵まれて、絶好のスキー日和。
e0138611_2271527.jpg


風があまり無かったので、リフトに乗っていても寒くない!
山頂近くからは美しい羊蹄山が見えました。羊蹄山の山頂が見えたのは数週間ぶりだったんだとか。いや〜キレイ!
e0138611_2210433.jpg

最後の夜はホテルにあるバーで、新婚旅行中のオーストラリア人カップルとビリヤードをして楽しく過ごしました。オーストラリア人の男性が亡きヒース・レジャーに似ていたのが印象的だった・・。

翌朝はゆっくり起きて、お昼前にバスで千歳空港へ。
千歳空港でラーメンを食べて、お土産を買い漁り、無事帰宅。
知らなかったけど、「じゃがポックル」ってお菓子がすごい人気で、なかなか手に入らないらしい。でも平日だったからか、「お一人様5個まで」と制限つきで販売されていたので、話のたねに1箱買ってみました。カルビーが北海道限定で販売している、じゃがりこの高級版って感じのお菓子らしい。お味は・・うーん、確かにサクサク感はあるけど、味は普通?そんなに並んでまで買う価値はないんじゃないか・・と思うけど。でも「限定」とか「入手困難」ってのに弱い人は多いんだよねー?
[PR]
by planetgirl | 2008-03-26 22:18 | 旅行

ニセコ:食事

ニセコにはアンヌプリ、東山、グランヒラフの3つのゲレンデがあって、一番栄えているのはグランヒラフ付近。私が泊まった菱山プリンスは孤立しているので、食事はけっこう悩みどころ。ホテル内にもレストランが幾つかあるけれど、4日もあるので毎日ホテルって訳にはいかないし。

だーけーど、先月一足早くニセコに行った友達がニセコ周辺のレストラン情報を教えてくれたので、かなり助かりました。

まずは北海道と言えば・・

ジンギスカン!

ここニセコ ロフト倶楽部のジンギスカンは一風変わっていて、とんがり帽子みたいな形のジンギスカン鍋を使わずに、ラム肉と野菜を炭火の上で焼きます。だからジンギスカンっていうより、ラム肉の焼き肉って言ったほうが正しいのかも。
e0138611_1322075.jpg
あんまり羊肉が得意じゃない私でも感激する美味しさでした。お肉は冷凍じゃないからか、臭みもないし、とにかくジューシーで柔らかかった。
野菜付きで1人¥1,890だけど、お肉の量が半端無く多い。なんと1人分で300g。嬉しいでしょーーー??
もちろん追加で大盛りライス頼んで、全て完食!

話には聞いていたけど、ニセコは本当に本当に外人が多い!!
こっちが外人でしたっけ??って真剣に思うほど外人だらけ。
韓国、台湾、シンガポールなどのアジア人も多かったけれど、一番多かったのがオーストラリア人。どこからでも「ヘーイ、マイト!!」って聞こえてた(笑)。

やっぱり時差も少ないし、雪質もいいし、って事でオーストラリア人が集まってくるらしい。観光だけじゃなくて、ニセコに家を買って別荘にしたり、冬の間観光客に貸し出したりしてるらしく、ニセコは道内の地価高騰率が一番高い街らしい。
こんなに外人が多いので、ニセコの街も外人向けのお店が多くあるし、普通のお店でも英語のメニューが置いてあったりして、外人フレンドリー。
ニセコのレストランやバーに行けば外国気分を味わえること間違いなし☆

ライブも行っているNorthern Foxはニセコにあるバーの中でもシックで落ち着いている雰囲気でした。お陰でゆっくりご飯を食べる事ができて◎。ソーセージの盛り合わせとカラマリフライが美味しかった。

お次ぎはNorthern Foxの隣に冬季限定のアイスバー、Ice Experienceへ。
東京にあるアイスバーをテレビで見た事があるけど、実物はやっぱりすごい。
バーカウンターから壁からシャンデリアまでぜんぶ氷!e0138611_155354.jpg

飲み物を入れるグラスも氷。
どうやって持つの??

心配無用。ちゃーんと軍手が用意されてました。
e0138611_1575064.jpg
氷のシャンデリア。ライトはLEDだそうです。
[PR]
by planetgirl | 2008-03-22 01:59 | 旅行

ニセコ:1日目

3月頭に念願のニセコへ行ってきました。
東京からスキーと言えば、やっぱり長野とか新潟が近くて便利だけど、北海道のスキー場は広くて人も少なくて雪質もいいと聞いていたので一度はすべってみたかった所。

3月ともなればシーズンの終わりが近付いているので、ピーク時と比べると値段もかなり安かった。
3泊4日で、往復航空券、新千歳空港からの往復バス、宿泊費(朝食付き)、ニセコ全山リフト券、レンタルスキー&ウェア込みで1人6万円弱でした。安い〜!

初日は羽田6:40発の激早フライト。
飛行機は同じくスキーをしに北海道へ行く学生らしき人達で満席。
新千歳空港に付き、バスでニセコへ。外の気温は-5℃。ピリっとした寒さが気持ちいい!中高と冬は-20℃くらいまで下がる所に住んでいたので、寒いのは大好き。寒すぎて鼻毛が凍る(これ本当)くらいが一番好きなんですけど、3月の北海道では無理。

途中1億円のトイレ(改装費に1億円かかったらしい)があるフォーレスト276という道の駅で休憩をし、空港から2時間半後にニセコ到着。さっそく宿泊先の東山プリンス新館にチェックイン。部屋はまあまあ。

空港で買っておいた佐藤水産のミックスおにぎり(これは本当に最高!!10cmくらいの特大サイズおにぎりの中に、いくらとシャケが大量に入ってて美味しい)を食べてから、レンタルスキーとウェアを引き取りに行って、早速ゲレンデへ。
プリンス新館の良い所は、ゴンドラがホテルに直結してるところ。ホテルの目の前がゲレンデなので、ちょっと休みたい時にホテルに戻ってこられるのが便利。
e0138611_21535617.jpg

この日は雪がふっていて、時折吹雪みたいになってた。
4時半にほとんどのリフトが止まってしまうので、それまでの間、東山のゲレンデで滑ったけれど、雪質は本当にいい!パウダースノー。
なにより嬉しかったのが、広いゲレンデ。人にぶつかる事なんて絶対にないので、リラックスして滑ることが出来ました。

久しぶりのスキーで、かなり下手になってた・・。
[PR]
by planetgirl | 2008-03-18 22:00 | 旅行

ベルギー:ブルージュ

運河と橋の街、ブルージュ。
e0138611_20441856.jpg

e0138611_2045386.jpg
マルクト広場。ここにもスケートリンク場があって、その周りには屋台がたくさん出てた。そこで食べた「じゃがいもとベーコンのクリーム炒め」と「貝(つぶ貝?)がたくさん入った海鮮スープ」が本当に美味しかった!2ユーロくらいだったかな。

e0138611_2047401.jpg

e0138611_205162.jpg





疲れて早く帰りたがってる相方。
[PR]
by planetgirl | 2008-03-18 20:51 | 旅行
そう、ベルギーと言えばやっぱりチョコレート。
どこへ行ってもチョコレートのお店があるし、スーパーのお菓子セクションもチョコレートがたっくさん売ってた。

e0138611_20244658.jpg

何を買おうかな〜と悩んだけど、考えてみるとベルギーで売ってるチョコってほとんど日本でも手に入るんだった・・。
GODIVA、Neuhaus、Leonidas、Pierre Marcolini。どれも東京にお店があるし。
という訳で、チョコレートはほっとんど買いませんでした。

もう一つ、ベルギーと言えば、ビール!
これだけは文句無しにスタンディングオベーションをあげたい!ってくらい美味しかった。ベルギービールはすごく飲みやすいのに、しっかりコクがあって大好きです。
e0138611_20284077.jpg
おもしろビールも飲みました。左からチェリービール、バナナビール。チェリービールは甘くてワインクーラーみたいな感じなんだけど、後味がほのかにビール。バナナビールは・・離乳食みたいな味がしてあまり美味しくなかった。一番右は私の一番のお気に入り黒ビール。あ〜、飲みたい〜!!
[PR]
by planetgirl | 2008-03-18 20:36 | 旅行

ベルギー:アントーワプ

ファッションの都(らしい・・)アントワーペン。
e0138611_18343829.jpg

マルクト広場にあるブラボー像。
自分より大きな手を投げているあたりがブラボー。

e0138611_1805917.jpg

ブリュッセル、アントワープ、ブルージュの中心地にある広場にはスケートリンクが設置されていた。人気があるみたいで、朝から晩までたくさんの子供がスケートをしていて楽しそう。相方も暇な時に広場へ行ってスケートをしていたらしい・・子供にまじって。
e0138611_18351458.jpg
広場にはたくさんの屋台が出ていて、ココアやビールなどの飲み物や、スープなどの簡単な軽食も買えて小腹がすいた時には嬉しい。

けれどアントワープでちょっとお腹がすいたな〜と思った時に行ってほしいのが、マルクト広場のすぐ近くにあるFRITUUR N0.1。FRITUUR(フリトゥール)とは、フライドポテトのこと。なんとベルギーはフライドポテト発祥の地らしい。では何故アメリカではフライドポテトのことを「フレンチフライ」と言うのか。それはフランス語を話すマロン系のベルギー人移民が移民先のアメリカでフリトゥールを広め、フランス語を話す人達が作った揚げポテトなので、フレンチフライ、と名がついたのだと言われてるらしい。

FRITUUR NO.1のポテトは油っこくないし、いつでも揚げたてなので美味しい!
色んな種類のソースを選ぶことが出来ます。おすすめはサザンアイランドらしい。
私はビーフシチューみたいなのをポテトの上にかけてもらいました。激うまでした。
[PR]
by planetgirl | 2008-03-14 18:29 | 旅行
引き続きブリュッセルのグラン・パレスから。
e0138611_20292645.jpg
王の家。
こんな感じでグラン・パレスには美しい歴史的建造物がたくさん建ってるいる訳ですが、地球の歩き方を持っていない私には、これらの建物の歴史的背景が良く分からんかった。という訳で、「あー、きれい」と眺め、写真を撮り、すぐに退散。
こんな駄目な観光客ですんません、ブリュッセル。

e0138611_20322927.jpg





観光名所よりも、こういう道の方が見てて楽しかった。
石畳って絵になるねー。
ブリュッセルと言えば美食の街としても有名。美味しい食事を食べることによって、旅も一層楽しくなる!これが私の食いしん坊モットー。そこで、今回の旅の目的の一つはブリュッセルで美味しいフランス料理を食べること!

しかーし、欧米食に飽きて日本食に飢えていた相方はブリュッセルで美味しい日本食が食べたい・・と とんでもない事を言い出した〜。相方の気持ちも分からなくは無いけど、せっかくの海外じゃん、日本食以外の物食べたいじゃん・・。

ところが、ブリュッセルにはこの悩みを100%解決してしまう方法があった!
それが、こちら↓のレストラン。
Chez Oki
日本人シェフのフランス料理レストラン。ベルギーでも数々の賞をとっている本格的フランス料理店なんだけど、日本食とフレンチを融合させたフュージョン料理もあって、私達にはピッタリ。

前菜のフォアグラ寿司(軍艦巻きの上にフォアグラが乗ってる)はおすすめ!
メインはジビエ。実は私、南アフリカで不味いジビエ(ってかアフリカではゲームか)ばかりに当たってしまい、ジビエは苦手だったんだけど、Chez Okiで食べたジビエ(鹿)は臭みが全くないのに、味に深みがあって本当に美味しかった。サイドに小さなお好み焼きなんかがあったり、ちょっとした日本食のタッチが嬉しかった。
いや〜美味しくて大満足でした。
[PR]
by planetgirl | 2008-03-12 22:16 | 旅行